ピットコーヒー(冬ブレンド)焙煎の風景。

約2分

伊勢ピット店主が豆の仕入れ→焙煎→ブレンドして作っている「ピットコーヒー」
月に2回ほど焙煎をするのですが、今回はそのもようを簡単にお見せします。

まずは材料(焙煎前の生豆)
ちなみに下の3種類が冬ブレンドの材料で上2種はプレミアムブレンドの材料です。

豆ごとにそれぞれ焙煎機にかけます。
ガラス製なので煎っている様子を買った時は目視で確認できたのですが、使い込んでいくうちに中が見えなくなりましたw

焼き加減は(超重要)は音で判断します♪

焼きあがった豆を混ぜて2日ほど放置。
余分なガスを抜いて一番美味しい状態にします。

出荷するドリップパックの梱包。
残りは豆のまま瓶詰めしておき、宿屋のゲストさんに出したり僕が飲んだりします。

ということで簡単ですがピットコーヒーの焙煎風景でした。
コーヒーの注文は宿屋伊勢ピットの店頭かwebショップで承りますので、一度お試しいただけたら嬉しいです。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)